Windows10とUbuntu18.04.1のUEFIマルチブートは割と簡単にできましたけど...

あっと、たまたまかもしれないのでやる前にバックアップは必須ですYO!

f:id:palm84:20190331043149p:plain

やったことなかったので試してみただけ、快適とは言えないので全くおすすめはしないですけど。(´・ω・`)

Windows7 から 10pro にアップグレードした7年落ちノートに、Secure boot 有効のまま、Ubuntu とのマルチブートにしてみましたよ。

【2019.4.11 追記】「高速スタートアップ」は無効に

書くの忘れてました、すみません。トラブル発生確率大なので無効にしませう。

※ おっと、未来は神のみぞ(ry なのでバックアップはやっときまひょ!

転ばぬ先のバックアップ
  • データのバックアップ
  • リカバリ・イメージ作成
  • Windows回復ドライブ(or システム修復ディスク or インストールDVD)

こんなかんじで…

おおまか手順

【2019.4.1 追記】 今回縮小したのは Windows のある C:\ ではなく D:\ ドライブなので、C:\ を縮小する場合は少し変わるかもしれません。

  1. Windows上の「ディスクの管理」で既存のパーティションを35GB程縮小、未割当領域のままにしておく
  2. ubuntu-ja-18.04.1-desktop-amd64.iso (1.75GB) 使用
  3. Windows を Shift+再起動「詳細ブートオプション」から DVDをUEFIブート(※ Secure boot は有効のまま)
  4. インストールの種類「Ubuntu を Windows Boot Manager とは別にインストール」
    • ※ swapが作成されなかったので、わかる人は「それ以外」で swap/ を作った方がいいと思われ
  5. 再起動後は Windows 10 が普通に起動

駄菓子菓子、Windows の起動には全く問題ないのですが Windows Boot Manager のメニューに Ubuntu が追加されてるわけではないので Ubuntu の起動はちょっとメンドクサイのであった...

  • 電源オン直後のF9押しでBIOS(UEFI)のブートデバイスメニューから Ubuntu を選択
  • 詳細ブートオプション(Shift-再起動)、「デバイスの使用」から選択

機種による様ですが、BIOS(UEFI)設定で GRUB2 を優先にしたりできるみたいです。ウチはだめ... orz

  • 「Ubuntu を Windows Boot Manager とは別にインストール」

f:id:palm84:20190331043157p:plain

  • ブートデバイス選択 (UEFIブートマネージャー ?)

f:id:palm84:20190331043204p:plain

なんかメニューに ubuntu が増殖状態なのが嫌だったりします(笑)

  • 詳細ブートオプション「デバイスの使用」(※ 1番目は Windows)

f:id:palm84:20190331043209p:plain

ちなみに KLUE (Kona Linux Ubuntu Edition) 3.0 では

禿しくおま環だと思われますけど、ドヒャヒャヒャノヒャーでトラブりまくりでした。一応対処はできたんですけどかなりシンドかった嗚呼。それについてはまた後日書くつもりです。


ほなYanen


Firefox 66 リリース

f:id:palm84:20190320053915p:plain

ほいほーい!

userChrome.js は下記を更新。

「多段タブ.zip」は「タブバーを(ブックマークバーの)下にする」設定も組み込まれてますので、userChrome.css の方のソレは消しました。


ほならね!