Firefox69に向けた準備でグダグダぐた~

f:id:palm84:20190731201238p:plain

INDEX

Firefox Beta 69.0b8 にて確認中… 9/3 リリース予定。

設定確認

userChrome.css, userContent.css を有効にするため about:config で下記を確認。

  • toolkit.legacyUserProfileCustomizations.stylesheets - true

フォント設定

2019.8.4 追記

Firefox Beta 69.0b10 で WebRender 有効のまま、DirectWrite設定のgfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode;5 が有効になりました。但し、70 と同様 -webkit-text-stroke-width を使うとジャギー表示になります。

2019.8.4 追記

UI(Firefox本体)はだめですが、MacType の DirectWrite support + 拡張機能 Stylus でまぁまぁいけそうです。

ヒンティングを無効化したフォントを使おうかなと思ってますが、それだとメイリオとかがいまいちなので、WebRender無効の方が無難かなぁ?

WebRender を無効にするには、about:config にて下記を設定

  • gfx.webrender.force-disabled - true

userChrome.js ファイル置換

【2019.9.4 追記】バージョン別対応スクリプトのページが

できてました。めっちゃ感謝!

userChrome.js 関連で下記を更新

個別スクリプト

userChrome.js - 現状版でもおk?

userChrome.js - 未対応?

【2019.9.4 追記】下記の訂正でイケるかも?

405名無しさん@お腹いっぱい。2019/05/22(水) 17:43:12.89ID:T54zbt5k0 一応69.0a以降用メモ ■userChrome.xml/userChrome.js他を最新版に更新 ■chrome://browser/content/browser.xulをchrome://browser/content/browser.xhtmlに置換 ■それでも駄目ならcreateElementをcreateXULElementに置換

Firefox userChrome.js greasemonkeyスクリプトスレ39

【2019.9.9追記】対応版が上がってました

それでもやっぱり考えてしまう~、あーこのけ(ry


ほなぐだ~


Firefox69以降でMacTypeを使わないフォント設定でしどろもどろ~

f:id:palm84:20190728171443p:plain

「ディスプレイ買い替えればー」は言わない約束にておねがい(笑)

INDEX

現況

Windows でも Migu 1C などM+系のフォントを使いたいんですよ。

  • Windows では同梱以外のフォント、M+ などの TrueType font がジャギーな表示となりまともではない
  • Firefox 68 では MacType の使用でまともな表示が可
  • Firefox 69 では、cairo がないので MacType が使えないらしい(?)
  • Firefox 68, 69 では、WebRender 有効だとまとも表示できない(※ あくまで現時点では)、WebRender を無効化し(※)、DirectWrite (gfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode;5) + 拡張機能 Stylus で(まぁまぁな)まとも表示可
  • Firefox 69, 70 では WebRender 有効のまま、DirectWrite(gfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode;5) + 拡張機能 Stylus でまぁまぁまとも表示可だが、-webkit-text-stroke-width を使うとジャギー表示になってしまう

私見ですけども… 70 では DirectWrite + Stylus でいけそうですが、69 では WebRender 無効にするか、Migu 1C を調整、RobotoJ とかそのままでもまぁまぁなフォントを使うとか、かなぁ?いまんとこは...

2019.8.4 追記

Firefox Beta 69.0b10 で WebRender 有効のまま、DirectWrite設定のgfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode;5 が有効になりました。但し、70 と同様 -webkit-text-stroke-width を使うとジャギー表示になります。

2019.8.4 追記

UI(Firefox本体)はだめですが、MacType の DirectWrite support + 拡張機能 Stylus でまぁまぁいけそうです。

フォント内容変更ツール = FontForge で Hinting 情報除去

フォント名変更 - ttfname3

JavaScript 表示テスト

JavaScript によるテストです。MacType, Stylus は無効にした状態で試してみて下され。(※ 無いフォントは Serif で表示)

font-familyWindowsプブあいうえお漢字
無指定 Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
MS Pゴシック Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
メイリオ Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
游ゴシック w500 Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
UD デジタル 教科書体 NP-R Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
BIZ UDPゴシック Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
Migu 1C Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
M+ 1c Unhinted Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
Migu 1C Unhinted Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
RobotoJ Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片
RobotoJ_Hint Windows プブ あいうえお 葛噌一三埒彅漢字片

下記は大したことないけどテストページ、ブックマークレットとか置いてます。


ほなやねん


Firefox69でヒンティング無しのRobotoJフォントを使うテスト

f:id:palm84:20190727214550p:plain

はい、のんびり生きようおれたちは~

下記の続きで、

... Firefox69にて、WebRender 有効のまま、M+系フォントをまとも表示するテストです。

Androidの標準のフォント「Roboto」に、日本語フォントを合成・改変して作成しました。 Roboto+日本語(J)という事で、RobotoJと命名しました。

組み合わせた日本語フォントは、モトヤLシーダ3等幅、源真ゴシック、Miguフォント、およびM+ OUTLINE FONTSになります。

RobotoJ-Font プロジェクト日本語トップページ - OSDN

この RobotoJ にはヒンディングありとなしの2種類が同梱されてるのがミソなんですよっと。ヒンディングなしなら初期設定のFirefoxでもまとも表示できるんちゃうのん?... テキな(笑)。

ありとなしの2種類はどちらもフォント名が同じなので同時インストールできません。なもんで下記ページで配布されてるツール「ttfname3」でフォント名を変更しました。

はい、とってもとっても感謝ですね!

  • Firefox Beta 69.0b8 - RobotoJ_Hint (WebRender)

f:id:palm84:20190727214526p:plain

  • Firefox Beta 69.0b8 - RobotoJ (WebRender)

f:id:palm84:20190727191628j:plain

  • Firefox Beta 69.0b8 - RobotoJ_Hint + Stylus (WebRender)

f:id:palm84:20190727214540p:plain

  • Firefox Beta 69.0b8 - RobotoJ + Stylus (WebRender)

f:id:palm84:20190727214550p:plain

  • Stylus 設定
body {
-webkit-text-stroke-width: 0.1px;
text-shadow: 0 0 1px rgba(0,0,0,0.1),0 0 2px rgba(0,0,0,0.01),0 0 3px rgba(0,0,0,0.01) !important;
}

まぁまぁちゃうかな?


なんとかなるぜFirefoxは♪ ほな!


モップス1969-1973+3

モップス1969-1973+3