Palm84 某所の日記

死のうは一定、しのびクマには何しよぞ...

NOD32アンチウイルス v.2.5アップデート

Google の広告

【8/31追記】Windows98/98SE/Me向けのアップデートは延期だそうです。なんでも海外版で不具合出てるそうです。日本語版は確認後にリリースとのこと。(Spybot と同じパターンですね。)あちゃちゃ〜、これでまたお祭りする輩が出てくるのかもですね・・・

私の環境(XP Home Edition)では、ごく普通に、静かに(OS再起動要求アリ)アップデートされました。

新機能の「ThrestSense検査」オプションが それぞれの機能に追加されています。

  • アドウェア/スパイウェア/リスクウェア(デフォルトはオン)
  • 潜在的に危険なアプリケーション(デフォルトはオフ
AMON

「ThrestSense検査」オプション以外にも設定項目が少し増えているようです。(「自己解凍方式」など・・って、今まで検査してなかったの?

EMON(新機能)

「MS Outlook用メールモニタ」が新規追加されました。送信メールも検査可能です。

IMON

ウェブサイト アクセス ブロッキング

ベンダーによって事前に定義された、悪意のあるファイルが存在するウェブサイトのリストを使用する。

これも新機能みたいです。以前からURLに反応することはありましたけど。

NOD32(オンデマンド スキャナ)

プロファイルが追加されてます。個人設定したプロファイルを使用してる方は要確認です。通常時使用のプロファイルが変更されてるかも。

検査対象に「NTFS サブストリーム」追加

新機能が増えて重くなるのはいやだなぁと思ってたのですが、今んとこ全く変わりないです。物理メモリの使用量だけの比較だと逆に減ってたりします。

【追記】相変わらずですが、cab,tar,lzh や MIME関連(メールファイル内の添付ファイル部分)ではエラーが出ますねぇ。ま、このソフトに限ったことではないと思いますけど、弱点かなと。