月刊Microsoft5月号

ですね(何)。皆様おつかれさまです。

個人向けは、MSDTCの脆弱性(KB913580 - MS06-018))と、Flash Player(KB913433 - MS06-020)悪意のあるソフトウェアの削除ツールってことですね。

私の環境では、MS06-018MS06-020は既に最新版にアップデート済みなので出ませんでしたが、アップデート済みでも出る場合があるそうです。その場合はエラーになっちゃうようなので、Flash Player 関連のバージョン確認をブラウザごとにやっときましょう。

---【追記】---

何度も出たり、適用に失敗する場合はファイルの削除、またはFlash Player の再インストールなどの作業が必要になるみたいです。

---【追記ここまで】--

※前にも何度か言ってますけど、これらのプラグイン関連のセキュリティホールは要注意だと思います。JavaScriptオフでも動いちゃいますし、悪用されても気づかれにくいように思います。

【5/23】遅くなってすみません。今更ながら追記です。私の環境ではなかったので理解できてませんでした。Yukkyさん、いつもありがとうございます。

本来、この Flash Player はMicrosoft製品じゃないのだけれど、以前にバンドルしてたので面倒みなきゃということですか。ただ、最新バージョンにアップデートしてても残骸(痕跡)みたいなのが残ってると「インストールできないよ」とエラーが出てしまいにっちもさっちもな状態になってしまうということみたいですね。

当たっちゃった人、お気の毒でした。

でも、IEについては今回はなしなので(他に修正されてない件ががいくつかありますよねってこと)、当分IEをメインで使われてる方は注意ですね。