2007年版ウイルス対策ソフトとスパイウェア対策ソフトの共存

不都合なければいいんですけど。というか絶対的にあるとは現時点ではなんともいえないし。

ウイルスバスター2007 のインストール時には、Windows Defender とか競合の可能性があるソフトのアンインストールが求められます。こういう機能があれば未然にトラブルの可能性を避けることができますが(もちろん対応ソフトのみですが)、逆だったらどうなんでしょ?殆どの方はウイルス対策の後にスパイウェア対策するんじゃないかなとか。

ウイルスバスター2007やマカフィー2007を入れてる場合、労力&トラブルの可能性対パフォーマンスを考えると他のスパイウェア対策ソフトを入れる必要性はあるかなとか。

あっと、ここで競合の可能性があるのはスパイウェアのリアルタイムスキャンではなく「システム変更の監視機能」の方です。Spybot の免疫機能や SpywareBlaster はあくまでレジストリへの登録だけを行うので本来なら競合しませんが、この登録自体も監視に引っかかる可能性はあると思います。

どの程度で問題になるかは人によって違うのが難しいところ。

私はどうかというと、現時点では許容できる範囲なので、あんまり気にしてません。限界オーバーしたら、Spybot や SpywareBlaster(普段入れてませんが...汗) は即アンインストールすればいいや、と結構気楽に考えてたりします。

【余談】スパイウェア対策ソフト専門メーカーはどうするんかな?このままじゃ淘汰されちゃうので反撃(?)に出たりして...。個人的には「システム変更の監視機能」がデフォルトで有効なのはやりすぎな気がします。