普通の意味で心理学者になるには

ほんのすこし幸福の階段を踏み外せばよい。

海老沢泰久の小説にこんなフレーズがあります。

また、絶望に近い挫折とか、本当の意味での苦難とかは人には話せないものですよね。他人のことを知るなんて、単なる思い込みでしかないのかもと思います。自分で経験して初めて理解できる世界なのではと。

愚痴として話せることとか、後になって思い出話になるようなこと、人生という長いものさしで見ればほんのちっぽけなことなのかもしれません。なんちって...