XBOOTのisoをリメイクするバッチファイルを作ったナリYO!

まぁ出番があるかどうかは知りませんけどね。()冷笑

XBOOTは簡単ベンリなんですけど、isoの場合はちょっとだけ修正したい思ってもできないのが玉にキズなのであります。ほやからばっちを作ってみたわけであります。

あっと、いつもの at your own risk でお願い奉り。

CDRTools を準備

下記の Windows 版 cdrtools をインストール

※ 別の cdrtools を使う場合は下記の makeiso フォルダに mkisofs.exe, cygwin1.dll をコピーして下さい。

isolinux.bin を上書き

isolinux.bin を念のために置換します。

まず、コマンド プロンプトでバージョン確認

  1. 作成済isoを適当なフォルダへ展開(XBOOT とか)
  2. XBOOT\boot\syslinux に移動して isolinux.bin のバージョン確認
C:\Users\yassy>pushd D:\VMware\LiveCD\iso\XBOOT\boot\syslinux

D:\VMware\LiveCD\iso\XBOOT\boot\syslinux>more isolinux.bin | findstr /i isolinux
ISOLINUX 4.04 2011-04-18
isolinux:

上記 4.04 のSYSLINUX (syslinux-4.04.zip) をダウンロード

展開して \core\isolinux.binXBOOT\boot\syslinux へ上書きコピー

バッチをコピー

拡張子を .bat に変更(.txt を外す)し、makeisoフォルダを作ってコピーしてくだされ。

XBOOT のisoを展開したフォルダ
│
├─bcdw
│
├─boot
│
├─cdsh
│
├─help
│
├─images
│
└─makeiso === フォルダ作る
        xboot_remake_iso.bat === ここにコピー

ばっちを実行すると展開した一つ上のフォルダに xboot-remake.iso が作成されます。

f:id:palm84:20181223131734p:plainf:id:palm84:20181223131738p:plain

mkisofs のオプション

いちおう元のisoとおんなじになってるはずです。

D:\VMware\LiveCD\isoisodebug -i xboot.iso
ISO-9660 image includes checksum signature for correct inode numbers.
ISO-9660 image created at Fri Jul 26 23:58:54 2013

Cmdline: '3.00 -no-bak -iso-level 4 -publisher http://sites.google.com/site/shamurxboot -n
o-emul-boot -boot-load-size 4 -hide boot.catalog -allow-lowercase -max-iso9660-filenames -
r -J -joliet-long -boot-info-table -b boot/syslinux/isolinux.bin -o D:\VMware\LiveCD\iso\x
boot_temp_26-07-2013_11-58-52_PM.iso D:\VMware\LiveCD\iso\xboot_temp1oqj1jfi.owk'
  • xboot_remake_iso.bat
mkisofs.exe -no-bak -iso-level 4 -publisher http://sites.google.com/site/shamurxboot -no-emul-boot -boot-load-size 4 -hide boot.catalog -allow-lowercase -max-iso9660-filenames -r -J -joliet-long -boot-info-table -b boot/syslinux/isolinux.bin -o "%iso%" .

ほなやき