mount.cifsでmount error(112)

f:id:palm84:20190308050957p:plain

Linuxユーザーの皆様におかれましては「今更かい!」だと思うんですけど...

SystemRescueCd 6.0.2 でWindowsネットワーク(ネットワークドライブ)をマウントしようとしたところ、Win10マシンではおkなのにBuffaloの簡易NASではエラーが出るのはなんでかと調査開始。

# mount -t cifs -o username=hogehoge,password=hagehage //192.168.11.1/disk1_pt1 /mnt/nas
mount error(112): Host is down

最初は「逆ちゃうの?」と思いましたが、Win10でもちょっと前に対処したSMBの古いバージョンのアレですね。

ちゅうわけでググリンぐしますと

注意点として、他のサイトでも紹介されていた通り、「vers=2.0」というオプションを付けないと、正常にマウントできないようです。 ちなみに「vers=3.0」というオプションにして実行してみたところ、これも正常にマウントできました。

samba-client/cifs-utilsを使ってWindowsの共有フォルダをマウントする - Qiita

fstabにヴァージョン(vers=)を明示してやる。 Buffaloのちょっと古いNASだったので、vers=2.0だとダメだった。 vers=1.0にしたらOK。やったね!!

Ubuntu18.04でcifs mountが失敗する場合 - Qiita

はいはい、ウチもこんなかんじでおkでした。

# mount -t cifs -o vers=1.0,username=hogehoge,password=hagehage //192.168.11.1/disk1_pt1 /mnt/nas

※ 1.0って古すぎかもw

春の訪れを感じさせる暖かな陽射しの中、「ふ、またもネットに助けられたなw」と一人呟く吉宗であった...(※ いまいちしょうもないかw)


ほなですわ!


斬って候

斬って候

まんがでわかるLinux シス管系女子3 (日経BPパソコンベストムック)

まんがでわかるLinux シス管系女子3 (日経BPパソコンベストムック)