Palm84 某所の日記

死のうは一定、しのびクマには何しよぞ...

【独断】Vistaの再来との呼び声高きWindows11には「ExplorerPatcher」が必須なんジャネ【偏見】

う~、ワシにはタスクボタンの結合解除不可は耐えられなかったのである。

てなわけで、「無理せんと 10 を使っとき」な外野の心なき罵声を浴びながら11のタスバー関連を10風に 無理やり戻して カスタマイズ可能な、その名も (下記参照) をダウソするワシなのであったのだったんやったん…

クイック起動ツールバーも追加できまっせ!あと、時計の秒表示がうれしっし。

早く来い来い Windows 12 などとのたまいつつ、Windows 11 の行く末を案じてなどいない 吉宗 ワシなのであった(ってか、Vistaの外観は悪くなかったとか思ってますけどw)


ほなShohgun!


Windows バックアップと復元 (Windows 7) エラー 0x81000019

修正されないあるあるみたいな模様 orz

目次

about

  • Windows の「バックアップと復元 (Windows 7)」にて、システム イメージを含めるとエラー 0x81000019
  • システム イメージのみの作成はエラー 0x80780119
  • その後、ファイルのみバックアップも上記と同じエラー

シャドウ コピーを作成できませんでした。詳細については、"VSS" および "SPP" のアプリケーション イベント ログを確認してください。

詳細: シャドウ コピーの記憶域ファイルまたはその他のシャドウ コピー データを作成するために利用できる十分な記憶域がありません。

バックアップに失敗しました。

ディスク領域が不足しているため、保存場所にボリュームのシャドウ コピーを作成できません。バックアップするすべてのボリュームについて、シャドウ コピーの作成に必要な最小限のディスク領域が利用可能であることを確認してくだい。これは、バックアップの保存先と、バックアップに含まれるボリュームの両方について行う必要があります。最小要件: 500MB 未満のボリュームに対して 50MB の空き領域、500MB を超えるボリュームに対して 320MB の空き領域が必要です。推奨事項: ボリュームのサイズが 1GB を超える場合、各ボリュームについて、少なくとも 1GB の空きディスク領域が必要です。(0x80780119)

対処策はエラーメッセージの内容の通りで、回復(復元)パーティションの空き領域の確保なのだが、パーティションを変更しろとかハードル高めなドえらいバグちゃいますのん? 。゚(゚´Д`゚)゚。

てなわけで、文句言いながらパーティションを編集したらなんとか治りました… やれやれだぜ!

パーティション編集

フリーの下記ツールを使用しました (※ PRではないですw)

詳しい操作方法とかはカッツアイ!

  • 復元パーティションの容量が 646MB、空き領域が 40.80 MB

  • D: を1.7GB縮小、復元パーティションをその分拡大

  • 実行

  • 空き領域は 1.76GB になった

エラー再び

システム イメージ作成が再びエラーやん… orz 0x80780166, 0x80070001

Windows バックアップで、バックアップ先へのデータの書き込み中にエラーが発生しました。

詳細: ファンクションが間違っています。

Windows バックアップで、バックアップ先へのデータの書き込み中にエラーが発生しました。(0x80780166)

追加情報:
ファンクションが間違っています。(0x80070001)

これの原因はパーティションを変更したため旧イメージとの整合性がどーたらこーたら、みたいな。

\WindowsImageBackup\ホスト名 フォルダ内の MediaId 以外をすべて削除して再度実行したらおkでした。

以上でした

いろいろ

過去のやれやれです…


ほなアップ!


VMware Player で VT-x が有効化できない時はデバイス セキュリティを確認

2022.10.4 追記

使ってないので気付いてませんでした、無知ですみません...

Hyper-V との共存時も設定変更が必要な様です。

x86 仮想化機能 (Intel VT/AMD-V) は、ホスト VBS モードの仮想マシンで実行されているゲストでは使用で きません。したがって、このような仮想マシンは、Hyper-V または VBS が有効になっている Windows を実 行することはできません。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-Workstation-Player-for-Windows/16.0/workstation-player-16-windows-user-guide.pdf

どうすべきかという考察するスキルはないです、すみません…

  • デバイス セキュリティ 設定

Windows 11 (多分 10も) にて Windows セキュリティ デバイス セキュリティ コア分離 「メモリ整合性」がオンになってると、VMware (Workstation) Player 上の Windows 10/11 を起動する際にこんな画面が出ます

サイドチャネルの緩和を有効にしてこの仮想マシンを実行しています。サイド チャネルの緩和によりセキュリティを強化しなが ら、パフォーマンスを低下させることもできます。

緩和を無効にするには、 仮想マシンの設定の詳細パネルで、サイド チャネルの緩和の設定を変更します。詳細については、 VMware ナレッジベースの記事 KB 79832 (https://kb.vmware.com/s/article/79832) を参照してください。

この「サイドチャネルの緩和」についてはセキュリティは強化されるけどパフォーマンスは低下するけどいいの?ってことかと。

仮想 Intel VT-x/EPT はこのプラットフォームではサポートされ ていません。

仮想化された Intel VT-x/EPT を使用せずに続行しますか。

パワーオン中にエラーが発生しました: VMware Player はこ このホスト上でネストされた仮想化をサポートしていません。

モジュール HV のパワーオンに失敗しました。

仮想マシンの起動に失敗しました。

仮想マシンの設定で「Intel VT-x/EPT または ...」を無効にしないと起動できません。

ちゅーわけでウチでは「メモリ整合性」をオフにしました、はい。

尚、「メモリ整合性」がオンだと下記 CPU-Z の Instruction 項目に VT-x が出なくなります。


ほなリティ!