AVG Free Edition7 その2 (11/24更新)

【2008.4.25追記】AVG Anti-Virus Free Edition 8.0

マダ試していませんが(汗)、Free版8.0が出ています。

7.5のサポートは5月いっぱいらしい?

※うん?メールアドレス入れなくてもダウンロードできちゃうなぁ...

動作環境が...上がってます。

OS : Windows 2000, XP, XP Pro x64 Edition, Vista, Vista x64 Edition
CPU : Intel Pentium 300 MHz
ハードディスク : 空き容量 30MB
メモリ : 256MB RAM

英語版マニュアルでは 64MB of RAM Memoryと書いてますけど。

【追記】Windows 2000 + FAT32 ではだめみたい?

2chスレにも報告がかなりありますが、(修正されるかもしれませんが...)Windowsクリーンインストール直後に入れてみましたが、設定変更、手動スキャン、アップデートなどできず「つかえねぇべ」状態でした。NTFSにコンバートしたらいまのところ問題なしです。

内容がかなり古くなってます。リンク先サイトさんは頻繁に更新されてるとこも多いので、そちらを参照願います。他力本願すみません。。

【12/30追記】設定などの疑問については下記サイトのFAQがわかりやすいです。

AVG Anti-Virus 7.0 Free Edition と FAQ
- 駄目人間の徒然日記帳さんより

11/24リンク追加

う〜ん、なんか盛り上がってまいりましたぁ! てなかんじ。勝手にパクリ引用させてもらいつつまとめてみようと。 (おまえの出る幕ちゃう〜!とか言うなぁー、そこ!)

11/16追記:あれー?、なんか「まとめサイト」になっちゃてます。ここに書いてるのは私が気づいた事中心なんですが・・。(と言いつつちょっと嬉しかったりして)。時間がある時にぼちぼち追記します。

私はbeta版の時はOS:2000proで使ってたんですが、なかなか快調でした。トラブルも無かった様に思います。でも、正式版を98SEに入れたら、これがまた困ったちゃん状態になりまして・・・。(【avgcc.exe】を切ればいいのですが。)「究極の軽さ」を求めるならこのAVGしかないように思うんで、必要最小限の機能で運用するって手もありかなと・・・ちとマニアックですが。

メールスキャンも少し不具合が出ることもあるようですが「手動設定」という「逃げ道」もあるんでなんとかなるんではと思います・・・これも「マニアック」ですけどね。

(一般の方に向けての紹介として)このAVG7ですが、現時点では(多少の)「トラブル覚悟!」はしといたほうがいいかもです。。軽さ重視&有料でもOKなら「ウイルスバスター2005」のライトモードインストールやNOD32アンチウイルスの方がいいかもしれません。(どちらもアイドル時の物理メモリ消費量は20MB以下です。現在のバージョンでは、単純な物理メモリ消費量ならこのAVGが最小なんじゃないかな?

関連ページ

AVG Anti-Virus
Grisoft AVG Anti-Virus 7

Firewallと森で遊ぼうさんより。必見!。凄く専門的な解説です。大変勉強になります。

AVG Anti-Virus 7(FREE) その他の情報も参考に

大佐のパソコン教室: AVG-AntiVirus

なんか面白いノリですよー。

AVG Free Edition 7.0(ウイルス対策AVG)

こちらは画像+日本語訳付き。むちゃ手間かかってるんじゃないかと。

廃屋メインページ

翻訳解説されてます。な、なんか凄すぎ!おつです。

blogとか

ダウンロード・インストール

(Windows95/NT では IE5.01 以上が必要とのこと。)ウイルス感染とかしたままだとうまくいかない可能性大です。早急に駆除処理が必要な方は「ウイルスバスター」か「ノートン先生」買いましょう。

登録は不要になりましたー。ダウンロードしてインストールするだけ。6.0を見つけると自動で削除してくれるので上書きでOKみたい。

尚、インストーラーは【rar】圧縮ファイルでした。この中に【trialkey.dat】が含まれてました。

ちょっとでも軽くしたい!

環境によるみたいですが、物理メモリ消費量は10から25MBぐらい?なんで6.0程の「究極」の軽さではない。あんまり必要のないものはオフにする

  • 自動アップデート(時間指定)
  • スケジュールスキャン など

Control Center→Scheduler→Scheduled tasks→Edit schedule
項目のチェックを外す。

Boot Up Scannerいらない!(※98/Meの場合)

【msconfig】→【Autoexec.bat】→【ウンタラ〜BOOTUP.EXE】 のチェックを外す。

起動(常駐)プロセス

(上記を外すと)98SEでは以下の3つ。

AVGCC.EXE[AVG Control Center]

そのままですが、これを停止させてもスキャナー部分は動いているようです(私の環境でですが)。もし停止させる際はショートカットを作っておくと便利かも。

【ご注意】これの停止はお奨めしません。環境によっては不具合が出ることもあるようです。7.5では十分軽いのでそこまでしなくてもという気が...

AVGEMC.EXE[AVG E-Mail Scanner]

そのまま

AVGAMSVR.EXE[AVG Alert Manager]

これを切ると【Resident Shield】の警告(検出)画面が出なくなる。でも、監視自体はされている様子(eicar→ダウンロード→保存選択→コピー不可)

右クリックスキャンを掛けると勝手に立ち上がる。

あれ?AVG本体(というかカーネルかな)はどれですか?わかりませーん。(ミズゴリ

アップデート方法

(スケジュール以外)

サーバー追加はできないみたい?

  1. タスクトレイのアイコンを右クリック→Check for Update(または【C】)
    • ここで【Do not ask ウンタラ】にチェックすると次回から【Internet】か【Folder】の選択画面が出なくなります。フォルダ指定したい時は【Control Center】→【Update Manager】をWクリック【Do not ask カンタラ】のチェックを外しましょう
  2. [AVG Free]フォルダの【Avginet.exe】のショートカットを作る
    • これのコマンドオプションってないのかな?
  3. サイトからダウンロードして【Update Manager】からフォルダ指定して適用
  4. 上のサイトで適用ファイル名確認、別のサーバーからぶっこ抜いて!みる(なんかの雑誌みたいなフレーズですなぁ。)見つけた分だけ。
    • http://download.grisoft.cz/softw/70free/update/
    • http://files.grisoft.cz/softw/70free/update/
    • http://www.grisoft.cz/softw/70free/update/
    • http://free.grisoft.cz/softw/70free/update/
    • http://guru0.grisoft.cz/softw/70free/update/
    • ftp://ftp.grisoft.com/pub/softw/70free/update/

いっちゃん下の ftp はIEだとちょっとの間固まっちゃたりするんで注意して下さい。

検出対象ファイル(拡張子とか)

Resident Shield(常駐監視)
  • 6.0とは違い、検出と同時の処理選択が可能になった。
  • 圧縮ファイルの保存時はチェックされない(解凍時にはされるけど怪しいものは解凍前に中身を確認した方が無難)
  • 設定で【Scan all files】にチェックを入れても[txt]などは検査されない
  • On-close scanning について
手動スキャンなど
  • 6.0とは違い、右クリックスキャンでも検出と同時の処理選択が可能になった。
  • 圧縮ファイルは検出のみ。削除も隔離もできない。
    【1/6追記】圧縮ファイルについて右クリックスキャンから検出→隔離が可能になりました!
  • 【zip】【cab】【rar】【arj】に対応。【lzh】未対応。

NortonやMcAFEEのような「スクリプト監視機能」はありませんが、スクリプトウイルスに対応していないわけではありません。定義にあるものは検出できます。
「スクリプト監視機能」とはウイルス定義にないスクリプトでも「危険かも」と思われるものに警告を出す機能です。)

E-mail Scanner

【Outlook・Eudora用プラグイン】について、別に書きました。

  • 汎用プロキシタイプ【E-mail Scanner】スキャナー
  • [The Bat!][Eudora][Outlook/Exchange]対応プラグイン形式のメールスキャナーもある
    (でも、Exchange使う場合以外は入れなくていいと思います。)
  • 【E-mail Scanner】は基本的にAutomatic(設定要らず)。ただ、環境によっては動かない場合があるかも。6.0のPMSの様に手動設定も可能です。
  • SSL対応だーよ!(私の環境ではできました。)

この【E-mail Scanner】君、私の環境では頑張ってくれてます。圧縮ファイルも削除。「Bagle.AX」とか捕獲。処理スピードが市販ソフトに比べてチョー早いッス。あれ?なんか最近メチャ遅くなってます。avgcc.exeの影響でしょうか?

EdMax + Hotmail Popper

【ご注意】127.0.0.2を使うと不具合出る可能性もあります。後で書き直す予定です。すみません。

受信はできたんですが送信ができてません。できましたー!。なんか初歩的なミスしてたようです。

  • Hotmail Popperのアドレスを【127.0.0.2】に変更
  • AVG側でPOP3:5200とSMTP:5100を追加
  • →それぞれ【Fixed Host】にチェック【127.0.0.2】を指定
  • MUA側はPOP3【サーバー:127.0.0.1、ポート:5200】とSMTP【サーバー:127.0.0.1、ポート:5100】に設定
  • 「SMTPサーバーは認証が必要」にチェック→メアドとPass入力
  • 送信タブ「POP before SMTP」にチェック

これでプロバイダのアドレス宛に送信しましたらできました。(outgoingとincomingの2つのサイン入り)

でも、もっと簡単な方法があるような気がします。

「Becky+hotmailプラグイン」ではできていません。プラグインのアドレス変更、またはAVG側で宛先ポート番号を変更できれば可能だと思うのですがどうなのでしょう?

もしかして、「SMTP認証」に対応してないんでしょうか?

お奨めショートカット

  • Avginet.exe - Wクリックでアップデート
  • Avgvv.exe - Virus Vault(隔離ファイル確認)
  • Avgcc.exe - これがよく固まる環境用
    • これが起動してなくてもAVGの他の機能は動いてる様子です

既知のトラブル

Zone Alarmは設定が必要

名無しさん@お腹いっぱい。 :04/11/12 12:07:39
ZAでメール送受信できない人は、
「Alerts&Logs」 の「Firewall」を見てpop3とsmtpのIPアドレスを
「Add to Zone」ボタンで「Trusted」に登録してみてください。

Zone Alarmを使ったことないのですが、ちょっと違う様です。(というかここまでしなくてもってかんじ)
(PFWの基本を理解されてる方なら説明不要ですが)AVG関連のプログラムのクライアント動作(外向きの接続要求)を許可しましょう。(ループバックもチェックされる場合は両方許可かな?)

ゴメンナサイゴメンナサイ・・・
これしないと駄目でした。いいかげんなこと言ってスミマセン。でも、なんでブロックしちゃうのかな?
プログラムのアクセス許可は【avgemc.exe】のみでOKでした。(メール受信に関しては)

または、【avgemc.exe】の「サーバ」側を両方許可でもOKでした。

Resident Shieldの検出後、画面が隠れる

処理選択後の確認画面が後方に隠れている場合があります。正面のウィンドウが非アクティブ(タイトルバーが灰色)。タイトルバーをドラッグでずらすと現れます。

ユーザー名が日本語

セットアップできないことがあるようです。

名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 04/11/13 15:38:26
>>679
うちではユーザー名が日本語だと同じように弾かれました。
administratorでログインしてインストールできました。
英数字ユーザーかadministratorでログインしてもダメなら分かりませんが・・・。

「%TEMP%」のパスに2バイト文字があると駄目なようです。とりあえずはWinFAQの方法で環境変数の変更だけでもいけるはずですが、下記サイトを参考にユーザー名(ログオン名)を変更しておいた方がベターでしょう。

  • 参考
    • 全角ログオン名はトラブルの元です − 半角英数字のログオン名に変更しましょう
(98/MEだけかな?)デフラグができない?

私は98SEですができます。なので何か原因がある様です。

と言っても、最初に通常モードで実施したところ「10%」でループしてました。

AVG関連のプロセスをすべて終了(【AVGAMSVR.EXE】はSTMを使う)+タスクスケジューラの停止+LANケーブルを抜く、で15分程で終了しました。その後は通常モードのままで1〜2分で終わります。

  • 反応が遅い時があるなど

未解決のトラブル

【※注意】現在では治ってると思います。

98SEで【Avgcc.exe】が時々固まる
  1. 終了時に【Default IME】の警告画面
  2. ソフトのインストールなどが途中で止まる

【Ctrl + Alt + Del】で【AVGCC】を終了させて下さい。

私の環境では、メール受信後や Control Center をいじった後、Virus Vault を空にした時などにこの現象が起こります。根本的な解決法は今のところ無いようです。

  • 回避策(でもないけどとりあえず)としては
    • 「おかしい」時にその都度【Avgcc】を停止させる
    • 【Avgcc】を常駐させない(これを停止してもスキャナーは動いているので)

Forum や Bugzilla にも多数Reportが上がっています。修正を待ちましょう。

アップデートが重い、できない
結構これはあるかも。上に手動での方法も書いてますけど、私は時間を変えて再トライするようにしてます。かなりよくあることなのでジタバタしないほうがいいかも(汗)。