Palm84 某所の日記

死のうは一定、しのびクマには何しよぞ...

Patti Austin きた〜(何

Google の広告

James Ingram とのデュエット曲とかも懐かしいですね。ベストヒットUSAの時代だ(笑)。個人的には(ミーハーですから)「Do you love me」みたいなDisco調も結構好きだったりしますが。

「For Ella(2002)」なんてのも出してたのですか?知らなかったです。(汗)

「Ella in Berlin」は好きでしたよ〜。確かLP盤持ってたはずです。

Jazz通の知り合いに入門編として教えてもらったのが、この3つでした。

  • 「スキャットの女王」 エラ・フィッツジェラルド
  • 「NYのため息」 ヘレン・メリル(ユービーソーナ〜イストゥ〜の人)
  • 「天才児」 クリフォード・ブラウン(でトランペット吹いてた人)

ミーハーなもんでこういうキャッチには弱いのでした。

あれ、なんか最後の方に胡散臭い名前が・・・ぉお、覚えていて下さったのですね、ほろほろ、涙のリメンバー(A Night to Remember by Shalamar)です。有難うございましたー。