gpxelinux.0とhttpサーバでネットワークisoブートをめちゃ速にするYO!

下記ページの続きなのでありますん。。。
【2014.7.1 追記】Tiny PXE Server がおすすめ

ここは無視でw下記ページがおすすめです。

※ SYSLINUX のバージョンは 5.01 での確認です。

ネットワークisoブート(何)はビンボー人には便利ですが「TFTPでのダウンロードが遅すぎて眠なるわ!」

そんなお嘆きの貴兄は gpxelinux.0 とhttpサーバでHappyになっちゃいなよ!

・・・なんだかなぁ・・・

ちなみに、起動までの時間はこんなかんじです・・・

  • 275MBの Parted Magic はブートメニュー表示まで25秒(TFTPだと4分ぐらい orz)
  • 175MBの Windows PE はデスクトップ画面表示まで1分(TFTPだと3分ぐらい)
TFTPD32(TFTPD64) の設定変更
  1. syslinux-x.xx\gpxe\gpxelinux.0 をtftpd32フォルダ(TFTPルート)へコピー
  2. TFTPD32 の設定で DHCP の【Boot File】に gpxelinux.0 を指定するする

f:id:palm84:20181225091312p:plain

HTTPサーバ

HTTPサーバのルートをtftpd32フォルダ(TFTPルート)に設定すれすれ

Web サーバなんて立てたことないあるYO!なお方(オレモナー orz)は下記を使っちゃいなYO!。

かなり古いソフトですがLAN内での一時的使用にはひじょうにお手軽なのであります。

「オプション」で「ドキュメントルート」をtftpd32フォルダに設定するする。こんだけ・・・

f:id:palm84:20181225091317p:plain

ブート設定ファイルの変更

INITRD を URL で指定するのだ。

APPEND iso initrd=http://192.168.11.8/ubuntu/mini.iso

とか

INITRD http://192.168.11.8/pmagic_i586.iso

下記は一例、pxelinux.cfg/default に追記なり編集なりコロ助ナリ・・・

LABEL pmagic
MENU LABEL Parted Magic          -- via HTTP
      LINUX /memdisk
      INITRD http://192.168.11.8/pmagic.iso
      APPEND iso

LABEL pmagic_i586  -- via HTTP
MENU LABEL Parted Magic (i586)  -- via HTTP
      LINUX /memdisk
      INITRD http://192.168.11.8/pmagic_i586.iso
      APPEND iso

LABEL winpe 
MENU LABEL Windows PE           -- via HTTP
      LINUX /memdisk
      INITRD http://192.168.11.8/Winpe.iso
      APPEND iso raw

LABEL avg
MENU LABEL AVG Rescue CD        -- via HTTP
      LINUX /memdisk
      INITRD http://192.168.11.8/avg.iso
      APPEND iso raw

LABEL debian
MENU LABEL Debian Installer     -- via HTTP
      LINUX /memdisk
      INITRD http://192.168.11.8/debian/mini.iso
      APPEND iso

LABEL ubuntu
MENU LABEL Ubuntu Installer     -- via HTTP
      LINUX /memdisk
      INITRD http://192.168.11.8/ubuntu/mini.iso
      APPEND iso

ほんなら平城京。

続きを書きましたー

おひななら見て(ry