【ようこそ】Windows 10 の仮想デスクトップを使いこなすために訓練しませう【エロい人】

Linux では当たり前の機能だったりしますが Windows 10 にもつきましたよ。

これって何かと言いますれば...

一方、仮想デスクトップを使えば

  • デスクトップ1:WordとPowerPointを表示
  • デスクトップ2:ブラウザーとExcelを表示

というように、複数のデスクトップに対して作業(タスク)ごとにアプリを振り分けることができます。デスクトップを切り替えながら並行して作業できるので、より効率的に進められるようになるでしょう。

Windowsに初めて仮想デスクトップ機能が搭載された。これは複数のデスクトップを仮想的に用意し、複数のアプリを配置して切り替えて利用する仕組みだ。表示するのはひとつのディスプレイなので、アプリを全画面表示して使う人には意味が無い。しかし、アプリの配置を細かく調整する人なら、便利に使える。メインのデスクトップにはブラウザー、2つ目のデスクトップにはSNSアプリ、3つ目にはゲームといった具合に配置して切り替えられるのだ。

...うん、まぁそういう使い方もありますねんけども...

本来の使い方はこんなかんじ...(オヤジ的独断)

あ、誰か来た!閉じんのもったいないからとりあえず最小化しとこ」

って、タスクバーにページタイトル!Σ(゚д゚lll)ガーン

そんな経験誰にもあるよね!(オヤジ的超偏見)。仮想デスクトップを使えばそんな失敗とも無縁となるのだ!

というわけで、基本的な使い方は上記サイトに詳しいのでそっちで。

紳士諸君は下記のショートカットキーなどの練習するべし。

デスクトップ1 へ戻る
  1. マウス・オンリー - 【タスクビューボタン】【デスクトップ1】
  2. キーボード&マウス - -Tab & デスクトップ1
  3. キーボード・オンリー - Ctrl--

さぁさぁさぁ!今宵から貴君の左手の定位置は -Tab とするのだ!

ほなやねん

大阪暮色

大阪暮色

桂銀淑 ゴールデン☆ベスト(EMI YEARS)

桂銀淑 ゴールデン☆ベスト(EMI YEARS)