歴史の転換?

コンピュータ(OS)の歴史について詳しいわけじゃないけど、このキルドール氏の「スッポンかまし?」事件(ほんまかどうかは知りません)は結構有名みたいですねぇ。あっともちろん下記はネタ風味です。

101 :Be名無しさん :2006/08/02(水) 10:29:01
    某板の某スレからのマルチコピぺ

IBM 「OSつくってるとこどっかしらね?」
ビル 「デジタルリサーチなんかどうよ。 あそこのCP/MチョーCoooooooolっすよ」
IBMデジタルリサーチ訪問。 でもキルドールは,
「あー? 仕事? かったりいよ」
つって飛行機遊び。
IBM泣きながらビルに電話「なんか行ったんすけどいないんすよ」
ビル「じゃ、うちにきなさいよ、なんとかするよー」
ビル、シアトルコンピュータプロダクツにQD-DOSを買いに走る。
ビル 「ちょっとQD-DOSの権利欲しいんだけどさあ。
あーまーたいしたことないから金はあんまり払えないよ
(IBMのことは隠す)」
泣きながらMSにきたIBMのやつらに
ビル 「どうっすかこれ。 CP/Mなんかまるで問題にならないくらいチョーCooooooool!!!!」
(実はQD-DOSはCP/Mの劣化コピーだった)
こんな感じ?

////
 その後、NECのケツを掘り(あるいは掘られたか?)、Appleを手淫で惑わした後、IBMとは、性(格)の不一致という名目で別れた─────と黒の書には記されている。 

これ(交渉決裂)がなかったら、果たして今のWindowsの隆盛はあったのか。う〜ん、でもゲイツ氏の商才なら別の道でもよかったのかもしれません。はてさて。