Firefox57 + Stylish + M+フォント使用時の注意点など

MacType(MacLoader64.exe) + Firefox57 で Inoreader を開きっぱなしにするとメモリリークの様な状態になるので(※ おま環?)、MacTypeなしでM+フォント(Migu 1C, Migu 1M)を標準フォントして使用する方法を試行中なのである。

まず、M+フォントなどをWindows上で使用する注意点は、

  1. そのままだと汚い、ジャギー風味
  2. ブラウザの設定で DirectWrite を有効にしてレンダリングモードなどを調整
  3. Firefox57 では DirectWrite だけではいまいちなので拡張機能 Stylish などで微調整

てなかんじにすればWebサイトの表示はまぁ問題ないかと思われる。

Firefox57の現時点での問題点が3点あるのである。

  1. Firefox内蔵の about: ページなどは上記2点の設定が無効 - 一部(既定のフォントで表示される部分)がジャギー表示
  2. サイドバー、ブックマークツールバーなどは上記2点の設定が無効
  3. MS Pゴシック は上記2点が有効でもいまいち

とりあえずの対処である

  • 1. は諦めた (´・ω・`)
  • サイドバー、ブックマークツールバーにはフォントを指定しない(Yu Gothic UI となる)、または userChrome.css で「メイリオ」「Meiryo UI」などを指定
  • MS PゴシックTextar などで置換

めちゃいまいちなのであーる orz

とりあえずこんなところで、ほなであるか。

藤島桓夫 名曲集

藤島桓夫 名曲集