Firefox69でWebRender有効のまま[DirectWrite support]でMacTypeを適用する

f:id:palm84:20190804013209p:plain


スキル高き皆々様に置かれましては今更やん!な話かもしれませんが、これでまぁまぁいけるんですね。シランカッタ...。 ゚(゚´Д`゚)゚。

※ あっと、MacLoader64.exe のみ使用での確認なので常駐の場合だと差異があるかもです。アシカラズ。

通常版(Release版)としては最新の v1.2017.628.0 での確認です。Firefox は Beta 69.0b10 使用。

  • Default.ini, iOS.ini では、DirectWrite=1 記入済みでサポートおk
  • 他のプロファイルでも、[General] セクションに DirectWrite=1 を記述でおk

拡張機能の Stylus で調整すると、コンテンツ(Webページ)内の表示に関しては、ほぼ差異はわからないレベルになりました。下記は Default.ini 使用。

  • Firefox68 + MacType - Migu 1C(※ cairo, Direct2d 無効)

f:id:palm84:20190804013151p:plain

  • Firefox69 DirectWrite + MacType - Migu 1C

f:id:palm84:20190804013202p:plain

  • Firefox69 DirectWrite + MacType + Stylus - Migu 1C

f:id:palm84:20190804013209p:plain

  • Firefox69 DirectWrite + MacType + Stylus - Meiryo

f:id:palm84:20190804013217p:plain

【2019.9.4 追記】Stylus の設定について

書いてなかったので...すみませぬ。

* {
-webkit-text-stroke-width: 0.2px !important;
text-shadow: 0 0 1px rgba(0,0,0,0.1), 0 0 2px rgba(0,0,0,0.01), 0 0 3px rgba(0,0,0,0.01) !important;
}

1行目は 0.1 にするか 0.2 にするか微妙なんですけど...

gfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode の設定については、デフォルトの -1, or 5 に変更、のどちらも差異はわかりませんでした。

尚、Firefox 本体については、サイドバーなどはMacType も Stylus も適用されない (メニューやブックマークツールバーなどはStylus適用おK) のでもう少し努力が必要かも (´・ω・`)


ほなだす