Vine Linux に AntiVir PersonalEdition Classic の導入

一応動いているわけですが・・・
その2を書きました。

パスの修正などの作業が必要でした。

現在の問題点
  1. GUIが起動しない(一瞬だけ起動して落ちる)
    • 【追記】[$ env LC_CTYPE=en_EN antivir-gui]で起動可能です!thanks to tomcatさん
  2. avguard(リアルタイムスキャン)が自動起動できない
    • dazuko が起動時に読み込めない為?
  3. avguard が起動したままだとシャットダウンできない

【2006.4.16追記】

Vine Linux では以下のコマンド(alias)があるのでした...。

$ eng antivir-gui

これでGUI画面が起動できます。

engは、'LANG=C LANGUAGE=C LC_ALL=C'と言う様に環境変数を設定するalias(別名)となっており、 Vine Linuxのデフォルトでは、~/.bashrcで次の様に設定されています。

※現バージョンではengなしでも起動可能です。

※リアルタイム・スキャンを起動させるには dazuko が必要です。

以下のコマンドでリアルタイムスキャン(avguard)開始可能(※パスは通ってるかも)

# /sbin/insmod dazuko.o
# /usr/lib/AntiVir/avguard start

状態確認

$ /usr/lib/AntiVir/avguard status

停止

# /usr/lib/AntiVir/avguard stop

多分、問題の原因は「“dazuko”ってなに?」な私のスキルだと思うのですが・・・(滝汗。kernel の設定が必要みたいですねぇ。(やる気なしかい!w)

オンデマンドスキャン(Antivir)、自動アップデート機能(avupdater)はちゃんと動いてますので十分だと思ってたりしますけど。

めも

ログ
  • /var/log/antivir.log
  • /var/log/avguard.log
手動アップデート
# antivir --update
手動スキャン
# antivir -s --allfiles -e -del /
  • -s ..... サブディレクトリもスキャン
  • -e ..... 感染ファイルを可能なら修復
  • -del ..... 感染ファイルを削除
  • --allfiles ..... 全てのファイル(プログラム以外)をスキャン
  • --scan-in-archive ..... 圧縮ファイルをスキャン
設定ファイル
  • /usr/lib/AntiVir/configantivir(設定コマンド)
  • /usr/lib/AntiVir/configavguard
  • /etc/antivir.conf
  • /etc/avguard.conf
マニュアル
  • /usr/lib/AntiVir/MANUAL.avguard

う〜ん、Pandaのベータ版avast! 4 for Linux Editionとかも試してみたいなぁと。でも時間がないぞ、と・・・。