Knoppix - InetBoot(GRUB+BuildRoot)

こ、こりゃまたすごいですねぇ。

Inetbootの実態はGRUB+BuildRoot (BusyBox)です。単純なブーロローダではなく、小さなLinuxを一旦立ち上げて、ネットワークの設定、カーネルの取得、ミニルートの再作成、kexecによる再起動(Warm Boot)、httpfsによるISOファイルのループバックマウントを行ないます。

httpサーバ上のisoイメージをマウントして起動するってことかー。すごいとこは小さなLinuxを立ち上げてからカーネルを取得、ミニルートの再作成という点でしょうか。

Windowsマシンでも、TFTPD32 + AN HTTPDなんかでネットワークブート用サーバを構築できるのはいいかも。

VMware Player メモリ256MB割り当てで確認してみたところ、HTTP-FUSEよりははっきり軽い。Terminal Serverクライアントよりは若干重いけど、メンテ目的なら実用に耐えうるレベルかなと。LAN内のhttpサーバなら十分使えそう。

※ちなみに、FD5枚のみでもブートできました(お)。

PXELINUX用設定ファイル

とりあえず...

LABEL lan
	KERNEL /inetboot/linux
	APPEND initrd=/inetboot/minirt.gz netdir=[]http://192.168.0.100/knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont.iso[] ramdisk_size=100000 lang=ja vga=normal

LABEL lan_utf8
	KERNEL /inetboot/linux
	APPEND initrd=/inetboot/minirt.gz netdir=[]http://192.168.0.100/knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont.iso[] ramdisk_size=100000 lang=ja.utf8 vga=normal

LABEL lan_utf8vesa
	KERNEL /inetboot/linux
	APPEND initrd=/inetboot/minirt.gz netdir=[]http://192.168.0.100/knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont.iso[] ramdisk_size=100000 lang=ja.utf8 vga=normal xmodule=vesa

LABEL default
	KERNEL /inetboot/linux
	APPEND initrd=/inetboot/minirt.gz netdir=[]http://knoppix.inetboot.net/archives/linux/oscircular/iso/knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont.iso[] ramdisk_size=100000 lang=ja vga=normal

LABEL utf8
	KERNEL /inetboot/linux
	APPEND initrd=/inetboot/minirt.gz netdir=[]http://knoppix.inetboot.net/archives/linux/oscircular/iso/knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont.iso[] ramdisk_size=100000 lang=ja.utf8 vga=normal

LABEL utf8vesa
	KERNEL /inetboot/linux
	APPEND initrd=/inetboot/minirt.gz netdir=[]http://knoppix.inetboot.net/archives/linux/oscircular/iso/knoppix_v5.1.1CD_20070104-20070122+IPAFont.iso[] ramdisk_size=100000 lang=ja.utf8 vga=normal xmodule=vesa