SYSLINUX 5.x の変更点など

なーんかエライ変わってるんですわ。orz

追加でファイルがいろいろ必要になったみたいでおまー。

ldlinux.c32

これ必須なりー。

ファイルの在処は \com32\elflink\ldlinux\ldlinux.c32 である。

Since version 5.00, when a SYSLINUX or EXTLINUX installer is used, the relevant boot sector will be modified and two files will be added to the "installation directory": the ldlinux.sys boot loader file, and an auxiliary ldlinux.c32 file. Note that these two files are not necessary so to execute the installers; they are already embedded in the installers themselves.

  • Windows 版 syslinux.exe 実行時は ldlinux.sys と同じとこへ自動作成されました
  • PXELINUX では pxelinux.0 と同じとこへコピーすること
  • ISOLINUX では isolinux.bin と同じとこへコピーすること

COM32モジュールとか

なんとか.c32 を使う場合は追加ファイルが必要になりました。

The following is a list, sorted alphabetically by module, of dependencies for c32 modules since version 5.00. So for example, for chain.c32 to work, two additional files are also needed: libutil_com.c32 libutil.c32 and libcom32.c32. All files shall match the same version.

  • \com32\libutil\libutil.c32
  • \com32\lib\libcom32.c32
  • \com32\gpllib\libgpl.c32
  • \com32\cmenu\libmenu\libmenu.c32

とかとか。

  • menu.c32 - libutil.c32
  • vesamenu.c32 - libutil.c32, libcom32.c32
  • chain.c32 - libutil.c32, libcom32.c32
  • reboot.c32 - libcom32.c32

などなど

NTFS対応?

4.06 で対応したみたいです。

Changes in 4.06

  • Support for NTFS, by Paulo Alcantara.

NTFSなUSBメモリに Windows版 syslinux.exe 実行でブートしました。

4GB超ファイルはまだ試してませんが・・・

【追記】

FAT32と比べるとパーティション形式とか条件がやや厳しいみたいかな?

購入時そのまま状態のUSBメモリでNTFSフォーマットsyslinux.exe 実行したところ、起動したけどCOM32モジュールが実行できなかったり、grub4dos で一部のファイルがロードできなかったりでorz。diskpart で clean してパーティション切りなおしたらおk!となりました。

ちなみに、購入時のUSBメモリの offset (パーティション開始位置)はセクタ112、diskpart で切りなおすとセクタ2048となりました。通常のHD形式になってないと不安定なのかもしれない。

ifcpu64.c32

これ使うとCPUの64ビット対応を判断して設定を振り分けしてくれるみたいでんな。

ifcpu64.c32 is a comboot module for Syslinux that check's the CPU flags for 64-bitness (and optionally for 32-bit PAE support) and loads the appropriate label in a pxelinux.cfg file.

その他

  • poweroff.com とかなくなった。orz

ALL: Delete all references to/code for 16-bit COMBOOT files. COMBOOT files (.cbt and .com) are no longer supported under Syslinux.

  • DEFAULT /grub.exe がだめ、こんなかんじに変更
DEFAULT grub
LABEL grub
LINUX /grub.exe
APPEND --config-file="configfile /menu.lst"
PROMPT 0

KERNEL コマンドではなく、LINUXCOM32 を使うべきかも?

  • Vesaメニュー (vesamenu.c32) からテキストメニュー (menu.c32) に戻れない?

なんかややこしくなってんちゃいますやろか・・・

ほんならねー