UltraISO - ISOイメージの展開/確認/編集ツール

あぁ...(´;ω;`)

Superウルトラ ISOは2010年3月31日をもちまして、販売を終了いたしました。 サポートページは引き続きご利用いただけます。

体験版としての使用では「iso作成に300MB制限あり」ですが便利なので使ってました。

ちなむと...
  • 7-Zip でisoイメージの内容確認・展開は可能(※ インストール必要)
  • FDイメージ(DOS/FATのみ)の展開は Universal Extractor | LegRoom.netUniExtract Binary Archive で可能(※ インストール不要、isoの展開も可能)

なんですが、このUltraISOの利点はというと

  • (関連付けすれば)Wクリックでiso/(DOS)FDイメージの確認が可能
  • isoイメージのちょっとした編集(ファイルの入替とか)が可能。(※ 体験版では300MB制限あり)

「しゃあないから英語版でもいれるべ」で英語版インストールしたら日本語化されてましたヽ( ゚∀゚)/

一部ぁゃしぃ翻訳もありましたが(「フロッピーイメージ」が「フロッピー映像」とかw)...

f:id:palm84:20181224162756p:plain

ダウンロード

私は「English」をダウンロードしましたが、インストーラーも日本語となってました

インストール

う〜ん、私はよくわからないので【ISOドライブ】のチェックは外しました・

f:id:palm84:20181224162803p:plain

これ以外はデフォルトのままで問題ないかなと思います...

前インターコム・バージョンとの違いで気付いたことは、DOS(FAT)イメージについて前バージョンでは長いファイル名が8.3形式に変換されてましたが、こちらではそのまま表示できてました。また、Windows 7 (32/64bit) に正式対応してるので旧バージョンユーザーは乗換オススメかも?(※ そんだけかい!とか言うなそこ)

あぁ、あと右クリックメニューからisoを展開できたり、

f:id:palm84:20181224162806p:plain

「体験版として」使用の場合、確認画面が出るのは同じですが、待ち時間なしになってるとか。

f:id:palm84:20181224162811p:plain

注意点は...

大したことではないかもしれない...

  • iso作成方法次第で変わりますが、このUltraISOでファイル名の大文字小文字が区別されていてもCDに焼くとWindows上ではすべて大文字になってことがある(※ Windows上でのファイル名の見え方は仮想CDソフトで確認しませう)
  • 体験版使用では作成(編集)、300MB制限あり
  • .iso アイコンを関連付けすると .img のアイコンもUltraISOアイコンとなってしまう
  • .iso アイコンを変更すると.imgアイコンも変更されてしまうことがある
  • メニューに若干おかしな翻訳あり(「image」が「映像」だったりw)